「庭」タグアーカイブ

甘夏に引き寄せられるもの

甘夏とか伊予柑とかの旬が過ぎると夏が近づいているな~と思います。甘夏を食べているとやたらと種が多く、20粒くらいピックアップして発芽させてみました。根が出たのは10粒で、それを3つの植木鉢へ。なかりスローペースだけど、少しずつ大きくなってきました。

ある日のこと、葉の上に3匹の虫(ジャコウアゲハっぽい)。ご丁寧にも一枚の葉に1匹ずつ。しばらく様子を見ることにしました。

虫(TZ406166-blur) posted by (C)うら
http://img.gg/RhNj3v1 (ぼかしバージョン)
(2019.09.14)

案の定、葉は食べられていました。3匹の虫以外に、いつの間にかチャドクガの幼虫まで参戦してきました。チャドクガはツバキに付くのは知っていますが、甘夏の葉も食べるのかな。でも、植木鉢の周りをグルグルグルグルと回っているだけ(まるでプラレールのよう)で中に入ろうとはしません。カタバミは口に合わないのか、どちらの虫も食べている様子はありません。

毛虫(NL300153-blur) posted by (C)うら
http://img.gg/ZNkQZq2 (ぼかしバージョン)
(2019.09.18)

いろいろと集まってくると面倒なので、シュッと薬を掛けてご退散願いました。

ゴーヤーごろごろ

ゴーヤー(NL300066) posted by (C)うら
http://img.gg/M9z6oUl
(2019.08.26)

夏の暑さが一段落し、ツクツクボウシの鳴き声があちらこちらから聞こえるようになりました。まだ暑い日がありそうですが、少しずつ秋の準備が進んでいるんですね。

ゴーヤー(NL300067) posted by (C)うら
http://img.gg/0rNQEL5
(2019.08.26)

ゴーヤー(NL300068) posted by (C)うら
http://img.gg/FZF9D2R
(2019.08.26)

家のゴーヤーの葉の茂み具合は長梅雨のせいかイマイチなんですが、実の出来具合もやはりイマイチ。でも、小さいなりにできます。小さいから葉の裏にできると気付くのが遅くなり、ある日《こんなところにも、あんなところにも…》と焦ることも。今日も4つほど発見。

ゴーヤー(NL300069) posted by (C)うら
http://img.gg/w9RBm4t
(2019.08.26)

そして、爆発したものも発見(笑)。

熟れはじめたゴーヤー

熟れはじめたゴーヤー(NL300013) posted by (C)うら
http://img.gg/n9TU4Hx
(2019.08.07)

ゴーヤーを採らずにいるとオレンジっぽくなり、そのうちに実が破裂したようになります。見た目はひどいんですが、破裂した中から真っ赤なゼリー状に包まれた種が。そのゼリー状の部分はとっても甘いんだそうです。でも、そうなる頃はだいたい蟻などの先客がいることが多かったりするのも事実です。

大暑

草花(TZ405937) posted by (C)うら
http://img.gg/hs3LS9P

今日は一年で一番暑いとされる大暑。ちょうど一年前、埼玉県熊谷市で最高気温41.1℃を記録したというニュースが流れていました。昨年と違って今年はまだ梅雨明けしていないけど、予報によると明後日ころから晴れが多くなる暑い日になりそうで、いよいよ梅雨明けがすぐそこまで来ているようです。

プランタに何も植えていないはずだけど、何かの植物が芽を出しました。どんな花が咲くんだろうと思いながらそのまま放置しています。

むかご

ヤマノイモ(TZ405961) posted by (C)うら
http://img.gg/MA98DOh

むかご(零余子,珠芽)とは、植物の栄養繁殖器官の一つで、わき芽が養分を貯え肥大化した部分のこと。主として地上部に生じるものをいい、葉腋や花序に形成され、離脱後に新たな植物体となる。(Wikipediaより)

むかごは植物の名前ではなく、山芋の葉の付け根にできる球芽を指します。食材ですな。

我が家ではヤマノイモが元になっていると思うのですが、狭い庭のあちこちからつるを伸ばされるのはちょっとね。油断しているとツヅジや紫陽花、カエデなどに巻き付きながら伸びてくるので厄介者のレッテルが。どうしたもんかねぇ~。
(2019.05.15 自宅)